Let’s encrypt を使ってみる

この記事は古いです!新しい certbot-auto を使ってください!!!

Let’s EncryptのSSL証明書で、安全なウェブサイトを公開
http://knowledge.sakura.ad.jp/knowledge/5573/

私はめんどくさいので古いのを使い続けます。


12/3 から Let’s encrypt が誰でも利用できるようになったので使ってみました。今回は CentOS 6.7 で稼働中の apache 向け証明書を作成しました。ドメインの確認のため、ドメインが向いているサーバーで let’s encrypt のプログラムを走らせないといけないようです。

以下のページを参考にさせて頂きましたが、稼働中のサーバーに設定するため少しアレンジしています。

無料SSL証明書の Let’s Encrypt が公開されたので実際に試してみた
http://www.websec-room.com/2015/12/04/2380

ここでは既にドメインの DNS の設定が済んでいる、かつ apache が稼働しているものとします。

GTM で WordPress ログイン済ユーザーを除外する

そろそろ Google Analytics で自分も集計されてしまっているのをどうにかしたいと思い、対策を考えることにしました。いろいろ考えましたが、WordPress にしかタグ設置してないからログイン済みユーザー除外すればいいじゃんという方法に落ち着きました。

現在 Google Analytics のタグを Google Tag Manager (GTM)を使用して配置しています。そして Google Tag Manager は「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」というプラグインを使って WordPress に設置しています。(ややこしい)

RDBI + SQL Server で NVARCHAR を SELECT するとエラーが発生する

Ruby から SQL Server を操作しようとすると、以下のエラーが出て何もできません。環境は Windows で、rdbi-driver-odbc を使用してデータベースにアクセスしようとしています。

C:/Ruby21-x64/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/rdbi-driver-odbc-0.1.2/lib/rdbi/driver/odbc.rb:214:in `block in new_execution': undefined method `[]' for nil:NilClass (NoMethodError)
 from C:/Ruby21-x64/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/rdbi-driver-odbc-0.1.2/lib/rdbi/driver/odbc.rb:211:in `collect'
 from C:/Ruby21-x64/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/rdbi-driver-odbc-0.1.2/lib/rdbi/driver/odbc.rb:211:in `new_execution'
 from C:/Ruby21-x64/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/rdbi0.9.1/lib/rdbi/statement.rb:163:in `execute'
 from C:/Ruby21-x64/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/rdbi0.9.1/lib/rdbi/database.rb:189:in `execute'
 from C:/dbtest.rb:6:in `<main>' WARNING: #<ODBC::Statement:0x2d69000> was not dropped before garbage collection.

たしかに、Ruby から SQL Server を使うひとなんてまれなんでしょうが、この仕打ちはないんじゃないでしょうか・・・。しかしここで挫けるわけにはいかないので、解決策を調べてみました。

Visual Studio で Git を使う

Visual Studio 2015 ではめでたく Git が標準サポートされました!早速使ってみようと思います!!

SSH は現在対応しておりません。
SSH は現在対応しておりません。

まじですか・・・

しばらくは既存の方法を使う必要がありそうです。以下は GUI で Git を使いたい人向けの説明になります。