Laravel (というか PHP) の数値チェックが自分の感覚と違う

Laravel の数値バリデーション結果に違和感があるので調べてみると、内部的には PHP の標準関数を使っていました。他の PHP 標準関数で自分の感覚と合うものがないか、6 つの方法で結果を比較してみます。

Laravel に既存システムのログイン機能を移植する

どんなシステムでも、やることとしては以下の通りだと思います。これらを実装していきます。

  • パスワードのハッシュ化方式を置き換える
  • ID、パスワードの入っているテーブルや列名を変更する
  • ID、パスワード以外の列を参照したい場合の作りこみ

Laravel のログにリクエストごとのIDを出す

システムに障害が発生してログを見た時に、いいタイミングで同時にリクエストが来てエラーも複数出ている際、これは同一リクエストで起こったエラーなのか、それともそれぞれ異なるリクエストで発生したエラーなのか分からなくなる現象がまれに起きます。特に外部連携系のAPIだと、リクエストが同一サーバーからくることが多いので、IPアドレスをログに出しても全部同じになってしまいます。そういった場合リクエストを区別するために、リクエストごとにUIDを振って出力する必要が出てきます。