カテゴリー
パソコン/Mac

Money Forward 家計簿入力のショートカットをホーム画面に置く(iPhone)

Money Froward ME の家計簿機能を使っているのですが、手入力する際に毎回同じ金額を入れるのが面倒に感じてきました。自販機など、よく入力する金額をショートカットとして登録する方法を紹介します。

使用するアプリは「ショートカット」です。「ショートカット」という名前の Apple 製アプリです。 iOS 13 からはプリインストールされているようですね。

なぜ Money Forward のショートカットの話なのに Apple 製アプリが出てくるかというと、

  • Money Forward が Siri ショートカットをサポートしている
  • ショートカットアプリで Siri ショートカットをホーム画面に配置できる

というつながりがあるからです。

以下、Money Forward とショートカットアプリはインストールされている前提で話を進めます。

Money Forward で家計簿に記録

まず最初に、ショートカットを作成したい金額と品目で家計簿を記録します。今回は例として食費100円を入れ、確定ボタンを押して家計簿に登録します。家計簿に登録しないとショートカットアプリに出てこないためです。不要であれば後で削除してください。

ショートカットの作成

ショートカットアプリを立ち上げると上のような画面が出てくると思うので、右上の「+」ボタンを押します。

このような画面が出てきたら「アクションを追加」ボタンを押します。

そうすると一覧が表示され、「¥100の食費を登録」という項目が出ていると思いますのでタップしてください。ないときはショートカットアプリを閉じて最初からやり直したり、家計簿を登録し直したりすると出てくるはずです。

上のようになったら、右上の「・・・」ボタンを押してください。

上のような画面になるので、ショートカットの名前とアイコンを入力します。アイコンと名前を入れたら、それを保存するため「完了」を押してください。

名前を保存したら再び「・・・」ボタンを押して戻って来て、今度は「ホーム画面に追加」ボタンを押します。

上のような画面になるので、右上の「追加」を押してください。するとホーム画面にアイコンが追加されます。

動作確認

ホーム画面に追加されたアイコンをタップすると、画面がガチャガチャ切り替わった後に、この記事の最初の画像のような家計簿入力画面が出てきます。一種の RPA ですね。

金額は固定ですが、ひとまず適当な金額でショートカットを作っておいて、家計簿入力画面へのショートカットとして使うのも便利です。

まとめ

ショートカット機能の存在ってわかりにくいですが、実は色々なアプリが対応しています。便利なショートカットも存在するので、使わないのは非常にもったいないです。時間があるときに色々登録してみると iPhone をより便利に使えるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください