サーバー入れ替えでやったこと (CentOS 8)

CentOS 6 がサポート終了間近なのと、 PHP が古すぎるのでバージョンアップを行いました。その際に行ったことのメモ書きです。前回は丸々コピーしましたが、今回は最初から構築です。

nginx コンテナのログを Logwatch で拾う

Logwatch は基本的にログファイルを監視するツールです。しかし、コンテナのログはファイルではなく podman logs や docker logs コマンドで参照する作りになっていることが多いです。今回 nginx コンテナを立ててログドライバーを変更し、コンテナのログをホストの journald に貯めるようにしたので journald から取得できないか試してみました。

podman のコンテナ名で通信する

コンテナを複数立ち上げた場合、他のコンテナへアクセスする場合は

  • 10.88.0.60 のように、起動のたびに変わるIPを指定する
  • 10.88.0.1:8080 のように、ホストのIPを指定&ポートフォワーディング
  • pod を使ってコンテナをまとめる

の3パターンがあります。Docker だと IP ではなくコンテナ名でアクセスできたので、podman でもできないか試してみました。

podman のコンテナやポッドを自動起動する

CentOS 8 で、 podman のコンテナやポッドをホストの起動時に自動起動する方法です。自分で systemd の unit ファイルを作ったらうまくいかなかったのですが、便利なコマンドがありました。

CentOS 8 標準の podman で不具合に当たったので新しいバージョンを入れてみる

CentOS 8 の AppStream から dnf を使ってインストールすると podman v 1.6.4 が入るのですが、不具合があったので新しいバージョンを入れてみました。