入力規則が出なくなったら Ctrl + 6 を押す

何かのタイミングで Excel の入力規則のドロップダウンメニューが出なくなることがあります。最近原因が分かったので紹介します。

プルダウンの▼が出なくなる(alt + ↓ も無効)

原因は設定のオブジェクトの表示でした。Ctrl + 6 を押すとここが切り替わります。押すたびにすべてとなしが順に切り替わるトグルスイッチ形式です。6 はテンキーの 6 ではなくキーボード上部の 6 を押す必要があります。

オブジェクトの表示をなしにすると、図やボタン、ドロップダウンなどが非表示になります。この設定が入力規則にも影響していたというわけです。

罫線を引く Ctrl + Shift + 6 の押し間違えでこの状態になることがあるようです。

Ctrl + Shit + 6 は罫線の外枠のショートカット

オブジェクトの表示設定は自分の環境の設定ではなく、ブックごとに保存される設定なので自分が設定していなくても他の人が設定を変えていた、という事態が起こりえます。

なにか Excel の表示が変だな、と思ったらとりあえず Ctrl + 6 を押してみるといいかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください